MENU

大人ニキビの治しかた

ニキビは思春期だけのものではありません。

 

 

大人になっても、大人ニキビなるものが現れますね。

 

 

私の場合は、生活が少し乱れたり、睡眠不足、脂ものやチョコレートなどを食べた後に、顎やおでこに現れます。

 

 

ニキビが出来ていると、自信が持てませんし、つい潰したくなったりして、とにかく気になります。

 

 

出来るだけ早く治すための工夫を紹介したいと思います。

 

 

一番簡単なのは、皮膚科で診察を受けニキビの薬を処方してもらうことです。

 

 

飲み薬や塗り薬を処方してもらえますので、用途を守って使うだけです。ドラッグストアにもニキビケアの薬がありますが、処方箋なしで購入できる薬には、そこまで効果がないように感じました。

 

 

次に、大人ニキビの原因とも言える乾燥肌を改善します。

 

 

日常的にできる乾燥肌ケアと言えば、洗顔と保湿です。

 

 

洗顔フォームはしっかりと泡立て、優しく洗うようにしてください。

 

 

ゴシゴシ擦るのは、肌を傷つける上、ニキビに刺激を与えてしまうのでやめましょう。

 

 

丁寧に汚れを落とした後は、保湿力のあるスキンケア用品で、しっかり潤いを閉じ込めるようにしてください。

 

 

シャンプーやトリートメント、洗顔料の洗い残しも、大人ニキビの原因になります。

 

しっかり落とすようにしてください。

 

 

また、美肌、美白にも効果的なビタミンCも、大人ニキビに効果があります。

 

 

スキンケア用品からも摂取することが出来ますが、その際は、高濃度のものを購入するようにしてください。

 

 

濃度が薄いと効果もあまり期待出来ません。

 

 

もちろん食べ物からの摂取もおすすめです。

 

 

サプリメントも良いですが、新鮮な野菜もおすすめです。

 

 

緑黄色野菜やフルーツなどを、普段の生活に取り入れてください。

 

 

内側からも外側からもビタミンの摂取を心がけるようにしてください。

 

 

他には、睡眠も大切です。

 

 

睡眠不足も、肌の新陳代謝の周期を乱れさせる原因となります。

 

 

特にお肌のゴールデンタイムと呼ばれる、22時〜2時の間は出来るだけ眠っているようにしましょう。

 

肌の修復と再生をしてくれます。

 

 

また、快適な睡眠はストレス解消にとっても有効的です。

 

 

ストレスは、肌の健康にも悪影響を及ぼしますので、ストレスを溜めないためにも、睡眠はしっかりとるようにしてください。

 

 

また、出来てしまったニキビは跡が残りやすく、再発することも多いので注意が必要です。

 

 

肌のターンオーバーを整え、食生活、睡眠、保湿には気をつけるようにしてください。

 

 

ニキビ跡はシミになってしまうこともあるので、紫外線対策も怠らないようにしてください。